TOP > 鳥新通信 > 米国産フォアグラ&バトー・ド・カナールのご案内
商品ご案内
2017/03/29

米国産フォアグラ&バトー・ド・カナールのご案内

鳥新通信

 いつも鳥新をご愛顧いただき、ありがとうございます。
今回は、品薄状態が続いております「フォアグラ」についてのご案内です。
一部のお客様にはお知らせしていますが、米国ニューヨーク州産「フォアグラ・ド・カナール」と「バトー・ド・カナール」が、入荷していますのでお知らせいたします。

ご存じのように、アメリカでは特に動物愛護者団体がフォアグラ産業に強く反対しており、生産者は動物を人道的に如何に大切にしているかが、重視されています。そんななか、HVFG社は下記のような取り組みにより、アメリカでも一目、置かれています。
 ★鴨の食欲に応じて、肥育日数(約18日間)を考慮。
 ★ガバージュ専門スタッフは敷地内に住み、鴨に不安を与えないよう同じスタッフが餌を与える。
 ★温度管理されている広い納屋で、のびのびと飼育されている。

 

b20170327_ny15.jpg「ハドソン・ヴァレー・フォアグラ (HVFG)社」
1990年にカナール飼育のノウハウを持つイッジー・ヤネとスーパー料理人マイケル・ギノルによって設立。
マンハッタンから北西に車で2時間半、ニューヨーク州キャッツキル山地に位置。「心を込めて」をモットーに高品質な鴨肉製品を生産している。

リーフレットは、こちらです。PDFファイルアイコン

 
 ・「生ハム・サラミ類・シャルキトリー」のページへ
 ・「関連食品(オイル・ビネガー)」のページへ
 ・「スープ原料」のページへ

Facebookで更新情報をチェック!